喫煙・禁煙していた時の話2

こんにちは。
いとふじです。
 
 
昨日の続きです。
 
 
そんなこんな、もあり、
その頃の私はたばこを辞めようという考えは一切無く
むしろたばこが好きで仕方がありませんでした。
 
 
なんというか、街や自然のどの場所も
たばこがあるとどんな場所も一息つける素敵な場所に変わる、
そんなイメージの物が私にとってのたばこでした。
 
 
当時、会社ではたばこを吸う人は少なかったのですが
その中でも、数少ない喫煙者同士
会社の喫煙ルームで会話するのが密かな楽しみでした。
 
 
以下は当時、
会社の別のチームの先輩と喫煙室で会った時のやりとりです。
 
 
先輩「おぉ、いとふじ。久しぶり。」
 
いとふじ「おぉ、どうもお久しぶりです。」
 
先輩「元気してる?」
 
いとふじ「んー、それがですね…」
 
先輩「なんだ、どうした。」
 
いとふじ「明日、例の案件のレビューが控えているのですが
 レビューする本人(いとふじ)がさっぱり内容を理解していないという…」
 
先輩「作ったの上海だっけ?(当時の中国のパートナー)」
 
いとふじ「はい、レビュー以前にそもそも日本語が読めないんですよね」
 
先輩「それはキツいな。」
 
いとふじ「そうなんですよ。明日までに仕上げないといけないんですよね。」
 
先輩「そうなのか。大変だな。じゃあとりあえず気分転換に今晩飲みに行こうか!」
 
いとふじ「え!?行きたいのはやまやまなんですが明日レビューが」
 
先輩「いいからいいから。何とかなるって。」
 
いとふじ「今晩これやらないと明日死にますよ」
 
先輩「飲めばなんとかなるって。」
 
いとふじ「そ、そうですか~」
 
先輩「そうそう、あんま気にするなって」
 
いとふじ「じゃあ行きましょうか~」
 
 
そして…次の日…
 
 
「个配置具体地成了堵塞做」
 
 
読めない…
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
当時はそんなこんなで、
自分にとってとても素敵なたばこだったのですが
三十歳の秋、思いもかけない出来事をきっかけに禁煙する事になります。
 
 
 
 
 
 
続く..
 
 
 
 
 
 
いとふじ ranking

タグ


2012年10月12日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:日記

このページの先頭へ