気まずい雰囲気

会社員時代を思い出すのですが
私は機械メーカーの開発をしていたので
よく一日中パソコンとにらめっこをしていました。
 
 
そして、私の席の真正面にも席があり
先輩がこちらを向く形で座っていました。
 
 
仕事中に、たまにちらっと顔を上げると
先輩の顔が見えます。
 
 
またちらっと顔をあげると
先輩も顔をあげていたりします。
 
 
「あっ」
 
 
目があってしまい、何ともいえない気まずい空気になります。
 
 
仲の良い先輩ならいいのですが、
あまり親しくない先輩だと特にそんな空気になったりします。
 
 
「やりづらい…」
 
 
という事で、私は
パソコンのモニターの上に
文庫本サイズのカレンダーを貼り
相手の顔が見えないようにする事にしました。
 
 
「よし、これでバッチリ。全然相手の顔が見えなくなった」
 
 
そう浮かれていましたが
翌日、仕事中にちらっと顔を上げると
先輩の顔が見えます。
 
 
 
 
 
なぜまた見える…
 
 
 
 
 
どうも、先輩はパソコンを2台持っていて
もう一台はノートパソコンで
それを机の横から使っているからのようでした。
 
 
「やりづらいなあ…」
 
 
「あの角度からの視線を防ぐには、カレンダー1つでは無理」
 
 
そう思った私は
文庫本サイズのカレンダーを
モニターの左右にも付け足す事にしました。
 
 
その頃は2月だったのですが
私のモニターの上には
1月~4月までのカレンダーが装着される事となりました。
 
 
 
 
「我ながら完璧…」
 
 
 
 
これが功を奏し、
前の先輩の顔は全く見えなくなりました。
 
 
 
 
「さようなら先輩!また会う日まで!」
 
 
 
 
私は浮かれながら、また仕事を進めて行く事ができました。
 
 
 
 
月日は流れます。
 
 
 
 
~1年後~
 
 
 
 
私の机の上のモニターには同じくカレンダーが貼ってあります。
 
1月~4月までのカレンダー
 
しかし、よく見るとそれは最初に作成したカレンダーのままとなっていました。
 
 
カレンダーは視線を防ぐ為だけのものだったので、
私は張り替えるのが面倒でずっと同じカレンダーを使っていました。
 
 
 
私はこれを自分の中で勝手に
「カレンダーバリアー」
と呼んでいました。
 
 
 
そんなある日…
 
 
 
その日は色んなトラブルが重なり
朝から電話が鳴りまくっていました。
 
 
入社以来、一番忙しかった日だったかもしれません。
 
 
「やばい、今日はめちゃめちゃ忙しいな…」
 
 
そんな中、課長が私の席に来ます。
 
 
課長「いとふじ今週の20日空いてるか?」
 
 
いとふじ「あ、空いてますよ。」
 
 
課長「あの例の案件でちょっと現場同行行けるか?」
 
 
いとふじ「あ、はい、分かりました。20日ですね?」
 
 
課長「そうだ、えっと20日だから何曜日になるかな。」
 
 
課長は私のカレンダーバリアーを確認しています。
 
 
課長「20日は、ああ、火曜日だな。じゃあ火曜日の朝に来てくれ。」
 
 
普段の私ならここで
 
 
「あ、課長、そのカレンダーは違います!」
 
 
と言う所なのですが、その日はあまりの忙しさに
私はその事に全く気が回りませんでした。
 
 
 
 
いとふじ「火曜日ですね。分かりました。」
 
 
 
 
そして…
 
 
 
 
火曜日当日朝…
 
 
 
 
いとふじ「誰もいない…」
 
 
 
 
課長はどうも後で気付いていたのか
当日現場にはいませんでした。
 
 
 
電話「課長、誰もいないです…」
 
 
 
課長「あ?今日じゃ無いよ」
 
 
 
 
~完~
 
 
 
 
 
 
 
 
この後、
カレンダーバリアーは
最新版へと更新されるのでした。
 
 
 
めでたしめでたし…
 
 
 
 
 
 
 
いとふじ
 
 
 
 
 
 
 
今回の「気まずい雰囲気」はいかがでしたでしょうか。
 
 
ranking

タグ


2013年2月3日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:日記

喫煙・禁煙していた時の話2

こんにちは。
いとふじです。
 
 
昨日の続きです。
 
 
そんなこんな、もあり、
その頃の私はたばこを辞めようという考えは一切無く
むしろたばこが好きで仕方がありませんでした。
 
 
なんというか、街や自然のどの場所も
たばこがあるとどんな場所も一息つける素敵な場所に変わる、
そんなイメージの物が私にとってのたばこでした。
 
 
当時、会社ではたばこを吸う人は少なかったのですが
その中でも、数少ない喫煙者同士
会社の喫煙ルームで会話するのが密かな楽しみでした。
 
 
以下は当時、
会社の別のチームの先輩と喫煙室で会った時のやりとりです。
 
 
先輩「おぉ、いとふじ。久しぶり。」
 
いとふじ「おぉ、どうもお久しぶりです。」
 
先輩「元気してる?」
 
いとふじ「んー、それがですね…」
 
先輩「なんだ、どうした。」
 
いとふじ「明日、例の案件のレビューが控えているのですが
 レビューする本人(いとふじ)がさっぱり内容を理解していないという…」
 
先輩「作ったの上海だっけ?(当時の中国のパートナー)」
 
いとふじ「はい、レビュー以前にそもそも日本語が読めないんですよね」
 
先輩「それはキツいな。」
 
いとふじ「そうなんですよ。明日までに仕上げないといけないんですよね。」
 
先輩「そうなのか。大変だな。じゃあとりあえず気分転換に今晩飲みに行こうか!」
 
いとふじ「え!?行きたいのはやまやまなんですが明日レビューが」
 
先輩「いいからいいから。何とかなるって。」
 
いとふじ「今晩これやらないと明日死にますよ」
 
先輩「飲めばなんとかなるって。」
 
いとふじ「そ、そうですか~」
 
先輩「そうそう、あんま気にするなって」
 
いとふじ「じゃあ行きましょうか~」
 
 
そして…次の日…
 
 
「个配置具体地成了堵塞做」
 
 
読めない…
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
当時はそんなこんなで、
自分にとってとても素敵なたばこだったのですが
三十歳の秋、思いもかけない出来事をきっかけに禁煙する事になります。
 
 
 
 
 
 
続く..
 
 
 
 
 
 
いとふじ ranking

タグ


2012年10月12日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:日記

つい1年と少し前の出来事

~つい1年と少し前~
 
私は日々会社に行くのが嫌で嫌で仕方がありませんでした。
 
「あ~、会社潰れないかな」
 
こんな事を思いながら毎朝起き、
体にムチを打ちながら会社に行っていました。
 
 
 
会社に行くと
いつもの鬼軍曹課長が待ち構えています。
 
「あいつをもっともっと使え!」
 
と私の上司に命じています。
 
あいつとは私の事のようです。
 
 
遅らす事が許されない納期
海外・国内のパートナー管理
ハードなスケジュール管理
これらが容赦なく進んでいきました。
 
そして、
それらすべてをこなしている間に聞こえてくる「上司の舌打ち
 
これらが私を追い詰めていきました。
 
 
 
「上司の頭上にミサイルが直撃しないかな」
 
 
 
今考えるととんでも無いですが
当時はこんな事をよく考えていました。
 
 
 
 
続く..
 
 
 
 
続きは少々過激すぎる為、こちらで公開しています。

 
 
 
 

 
 

タグ


2012年9月11日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:日記

退社してから1年が経ちました

カレンダーを見て改めて驚いたのですが
今日はもう9月5日なんですね。
 
 
 
気が付けば、去年会社を退社してからもう1年が経っていました。
 
 
 
思えば、退社してからのこの1年
今までの人生には無かった、色々と変化の1年でした。
 
 
 
会社員時代はよく、
もう自分には一生学生の頃のような夏休みはこないのか、
と気が重くなったり
 
 
 
会社に行く途中でのら猫を見ると
猫は自由でいいな、
同じように自分も気ままに生活してみたいな、
と猫をうらやましがったり
 
 
 
今思うと、
かなり疲れた毎日を送っていました。
 
 
 
そんな事を思いながら
毎朝、眠い目をこすりながら出社し
日々の仕事を黙々とこなしていたのを思い出します。
 
 
 
そういえば当時、
私の横に座っていた上司が
頻繁に舌打ちをする上司だったのですが
その方の舌打ちを朝から晩まで聞かされていました。
 
 
 
あまりに舌打ちの回数が多く
舌打ちの理由もよく分からない為
 
どうされましたか?
 
と何度も聞きましたが
どうも舌打ちに特に理由がある訳ではなく
そういう「癖」になってしまっていたようでした。
 
 
 
ただ、さすがに周りの雰囲気的にもよろしくなく
他のメンバーも何人か同様に気になっていた為
その上司のさらに上司に
皆の生産性が落ちるので何とかして欲しい
と訴えかけました。
 
 
 
その上司は
 
大変だったな、後は俺がなんとかするから任せろ
 
と言っていたのですが
本人に言ったのか言ってないのか
舌打ちは一向に改善されず、
また同じような日々が過ぎていってしまいました。
 
 
 
そうこうしてる間に
舌打ちはだんだんエスカレートし
当初は10分に1回くらいの舌打ち頻度だったのが
5分に1回ほどになっていきました。
 
 
 
この事態に
さすがにこれは辛い、と思ったのと合わせ
逆にある意味、これだけ1日に舌打ちする人もめずらしいと思い
当時、私は設計業務がメインではあったのですが、
開発経験が8年間あったので
その上司の舌打ちが1日に何回されているのかを測定する
「舌打ちカウンター」というツールを作成してみました。
(※もちろん定時時間外に自宅で作成。)
 
 
 
舌打ちカウンターは当初、舌打ちをする度に
ボタンをクリックし
舌打ち回数をカウントする機能のみだったのですが
あまりに上司の舌打ちの数が多く
毎回クリックするのがめんどくさくなってきたので
 
途中でバージョンアップし
定期的に自動でカウントする機能なんかを付け足していきました。
 
 
そうこうしながら出来上がったこのツールで
実際に上司の舌打ちをカウントしてみた所
舌打ちは1日に150回を超え
日によっては200回を超える事もありました。
 
 
 
200回も1日に舌打ちされる職場ってどんな職場やねん。
 
 
 
と思っていましたが、
 
 
 
この測定結果を日別にグラフ化し
舌打ち回数の推移をまとめ
上司の上司に送ってやろうかとも思いましたが
それはこっちの方がおかしい人になってしまうので
さすがにやめておきました…笑
 
 
 
結局、この方の舌打ちは
私が会社を辞めるまでずっと続いたのですが
今思うと、当時はわけのわからない事をやっていたな~
と思います。
 
 
 
こんなわけもわからない事をせず
もっとストレートに舌打ちを辞めて欲しい旨を
上司の上司、
または上司の上司の上司に
強く伝えておけば良かったんだと思います。
 
 
 
当時私は
上司と波風を立てたくないという気持ちが
裏で働いており
 
 
せっかく入った会社で
せっかく乗ったレールで
そこから外れないように外れないように
本音で思っている事もねじ曲げて、
時が経てばすべてが収まっていく
と、色んなものをぐっと我慢し押さえつけていました。
 
 
今考えると
怖いな~と思います。
 
 
そんな自由の無い生活をするくらいなら
いっその事そんなレールなんか自分から外れてしまえばいいのに
すべての生活を切り詰めてでも
身軽になって自由になった方がいいのに

と、実際に私は退社をした訳ですが
今でも、ほんとにこの考えで行動して良かったなと痛感しています。
 
 
言いたいことがあり
それで我慢を重ね、毎日が辛いのなら
それは我慢せずに言った方がいいです。
 
 
 
ここまででは無いにせよ
もし毎日に不満があり
それをぐっと耐えているのであれば
たまには自分の本音を優先させてみた方がいいです。
 
 
 
そうしないと、ある時何かが壊れると思いますよ。
私は先輩で病気になった人も見てきたので。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
と、今回は当時の会社員時代のお話でした。
 
 
 
 
 
なお、私はどんなに辛い日があっても
病気には一切ならず
むしろ精神は毎日すこぶる快調な状態を維持できていました。
 
 
 
それは私がどんな事があっても
精神を全回復させる方法を知っていたからです。
 
 
 
あ、変な薬とかは一切使っていないです笑
 
 
 
誰でもできる、
あなたも一度はやった事のある事です。
 
 
 
これを意図的にする事で、
精神の疲れはほとんど取り去る事ができます。
 
 
 
もしこの方法に興味がある方が20人以上いましたら
次回以降のメルマガで詳細を公開させてもらおうと思いますので
 
興味がありましたらこちらのアンケート
 
にお答えください。
 
 
 
 
 
 
なお、私に直接ご連絡頂けた方には
すべてをお教えしますのでお気軽にご連絡ください。
 
 
 
今後の人生で、辛い事や精神的にくる事もあると思いますので
知っておいて損は無いと思います。
お金とかも一切掛からないです。
 
 
 
 
 
では、少し長くなりましたが
今回は私の当時のお話でした。
失礼します。
 
 
 
 
 
いとふじ →
ranking
 
 
 

  
どんな事があっても精神を全回復させる方法(2013/07追記)

タグ


2012年9月5日 | コメント/トラックバック(1)|

カテゴリー:日記

このページの先頭へ